心理・哲学

頑張るためには報酬が必要。罰で人を動かすのは限定的効果しかない

心理・哲学
広告

コロナ禍で、自宅に引きこもる生活が続き、1日300歩程度しか歩かない生活が、昨年5月ころから半年以上続いてました(笑)。 

 

結果、当然のことながら、今年の健康診断の数値は、とても褒められたものじゃないことに…薄々、わかってはいましたが(汗)。 

 

ということで、 

 

2月中旬から、我が家に、ランニングマシンと、高機能な体重計が訪れてくれました。あと、腹筋ローラー。 おかげで、最近は、かなりアクティブに運動してる日々を過ごしてます。 

 

「数値」と「期限」は頑張るモチベーション 

 

特に、体重計は頑張るモチベーションをかなりアップしてくれたかなと。 やっぱり、数値が明確になると、目標が決まるので、頑張りがいがありますね。“ゲーム感覚”とでもいうのかな。 

 

目標を達成するには 

 

  • 数値の明確化
  • 期限の決定&徹底 

 

これは絶対大事。 

 

これが曖昧だったり、都合よくコロコロ変えてしまってたら、モチベーション維持できなくなるし、いつまで経っても目標にたどり着けなくなるので。 

 

脳のメカニズム。「罰」では人は動かない。人を動かすには「報酬」が必要 

 

これは行動経済学、脳科学で言われていることなんですが、 

 

“罰則で人を動かすのは、最初は効果があるが、限定的である。なぜなら人は慣れる生き物だから” 

 

とのこと。 

 

また、帝王学で言われているのは、 

 

“人に行動をさせるには、必ず報酬を用意しなければならない。人は報酬によってのみ動く” 

 

という風にも言われてたりします。 

 

人を動かすには「罰」ではなく、「報酬」が必要。

 

脳内には”ドーパミン”と呼ばれる『幸福物質』とも呼ばれるものがあり、ドーパミンが出ることによって、「やる気」が上がるとも。そのドーパミンは”ワクワク”によって分泌することがわかっています。

 

思うような結果がでないのは、用意してる報酬が、頑張るための期待に応えられてないだけ。

 

大事なことなので、もう一度言っておきます。

 

思うような結果がでないのは、用意してる報酬が、頑張るための期待に応えられてないだけ。

 

 

なので、僕の場合は、 

 

“頑張らなかったらご飯抜き” 

 

という罰を与えるのではなく、 

 

“これを頑張ったら、大好きなコーラまたは炭酸飲料を一杯だけ飲んでもOK!” 

 

という報酬を自分に用意してます。(大丈夫かいな?(笑)) 汗をかいた後の炭酸って、やばいくらいうまいんですよね~!(笑) 

 

ドーパミンは1度報酬を得ると、”また褒美が欲しい”と、さらに次へのモチベーションをアップさせると言われています。

 

報酬は「金銭」や「物」に限ったものではないと言われていて、頑張るモチベーションになったり、喜びに繋がるものならOK。 ただし、貧弱な褒美ではモチベーションアップは期待できないとのこと。

 

そういえば、昔、僕がTV番組の制作に関わっていた頃の話。

 

いつも番組のエキストラなどで協力してもらってた、TOKIOの長瀬智也さんの大ファンの女の子がいました。どうしてもエキストラの人数が集められず困った時は、その子に電話し、

 

“次、TOKIOの番組が何かあった時には、必ず○○ちゃんにお願いするから!”

 

という、姑息な手段を使って、スケジュールを合わせてもらってた話を思い出しました・・・(結局、彼女がTOKIOの番組に呼ばれることはありませんでしたが・・・姑息過ぎる(^_^;)。お礼に食事をご馳走するのはありましたけど・・・といういい訳。ごめんね、Mちゃん(ToT)/~~~)

 

黒歴史な話をしました・・・(笑)

これも、彼女にとっては、”TOKIOの長瀬さん”が、モチベーションを高める「報酬」だったという一例。

 

“人を動かす”のも、“自分を動かす”のにもやり方があるということですね。 

どんな世界にも通じる、人間心理、人間の特性。 

 

人を動かすには、「罰」ではなく、「報酬」が必要という話。