音楽活動のヒント

歌やギター、どれくらい練習してる?“積み重ね”が最強な理由とは?

音楽活動のヒント
広告
質問者
質問者

歌やギターは、毎日どのくらい練習をしてますか?どのくらいやれば上達できますか?

 

こんな質問を頂くことがあります。

 

  •  練習してるはずなんだけど、なかなか思うように上達しない。
  •  やっぱり才能がないのかな・・・

 

こんな風に思って悶々としてる人もいるかもしれません。

 

まず、僕自身のことを言わせてもらうと、昨年は、ライブを意識した1時間ほどの“弾き語り”練習を、年間300日以上してました。(コロナ禍ということで、“潜伏キリシタン”のように、人目を忍んで(笑)。)

 

一昨年は“365本ライブ”という目標を立てて、連日、数時間に及び、弾き語りでライブ活動をしてましたし、音楽活動を始めたばかりの頃は、毎日5~6時間、路上ライブで歌ってたこともあります。

 

この練習量が、多いか、少ないか、良いか、悪いかは、正直、人それぞれだとは思います。

 

もっと短い時間で効果的な練習方法もあるでしょうし、声帯も、指も、筋肉なので、適度な休息をとった方が、本来、良いのかも知れません。

 

ですが、僕が人に教えるときに伝えてることは

 

“少ない量でもいいから、必ず毎日、繰りかえしやること”

 

をオススメしてます。そうすることで、確実に上達への道が近付いていくのはまちがいないです。

 

日々の積み重ねは、いつか必ず成果を生みだします。

 

僕自身、人並みはずれた、特別優れたテクニックがある訳ではないですが、少なくとも、10年前よりは上達してると自負してます(笑)。

 

  • なぜ、上達の実感が持てないのか?
  • 上達するにはどうすればいいか?
  • なぜ、コツコツ積み重ねることが大切なのか?

 

今回は、そんな感じの内容に沿って、記事を書いてみようと思います。

 

見方を変えて読んでもらえれば、音楽のみならず、勉強やビジネスでも、当てはまる部分があると思うので、ご参考に。

 

広告

実感が持てない理由。成長は緩やかな右肩上がりではない

 

最初にちょっと残念な話ですが、毎日コツコツ繰り返し練習しても、日々、目に見えて上手くなり続けることはありません(笑)。

 

厳密には、上手くなってるんですが、“体感できない”という方があってるのかも。

 

僕の経験論ですが、体感できる成長は、“突然”やってきます。

 

  •  全然音が鳴らせなかった、ギターのコード。なぜか、急に弾けるようになってた。
  •  今まで苦しくて出なかった高音が、いつのまにか楽に歌えるようになってた

 

などなど。

 

これは、日々、積み重ねることで、指や声帯の筋力が鍛えられたり、使い方がわかってくる成果なのだと思います。

 

上達の体感の仕方を、図で書くとしたら、緩やかな右肩上がりではなく、横ばいがずっと続いて、ある時、急に上がる感じです。

 

 

 

上達しない、上達しない・・・あれ?なぜか出来た。

 

みたいな感じ。

 

なので、全然上達の実感がなくても、問題ないんですね。積み重ねてる限り、必ず上達はしてると思ってて大丈夫です。

 

モンスターを倒して、倒して、経験値を積んで、いつの間にか、レベルが上がって、今までより攻撃力が強くなったり、使えなかった呪文を覚えたりする、“ドラクエ”みたいなものだと思ってもらえれば(笑)。

 

ただ、これにも1つ懸念があって。

 

“ただ、やってる”だけでは、成長の速度が遅かったり、どこかで成長が止まる時が来てしまうかなと。

 

広告

上達の秘訣。“考えながら”取り組むこと

 

成長の速度を上げたり、上達し続けてく上で、一番大事な“肝”となるのが、

 

“常に考えながら取り組むこと”

 

だと、僕は思ってます。

 

 

実行 → 検証 → 改善 → 実行 → ・・・

 

この繰り返し。

 

とくに「検証→改善」がめちゃくちゃ大切。

 

これを省いてる人って、実は、結構多い気がします。

 

これを省いて、ただ“実行”だけしていても、積み重ねた「時間」と「量」で、ある程度、上達はできると思います。

 

でも、いつまで経っても、自分で思うような成長や上達は感じられないと思いますし、それ以上を望んだり、スピードを上げるには、これ無しでは出来ないかと。また、同じ失敗を何度もすることにも。

 

それだけ、“考えながら取り組む”ことって大事です。

 

考えて取り組む手順は、ザックリ3つ

では、具体的に、どのようにすればいいのか?考えて取り組む手順について、ザックリ書いてみたいなと。

 

  目標を決める

こんな風に歌いたい。こんな風にギターを弾きたい。なんでも構わないので、まず目標を決めましょう。

 

目標を決めずに、漠然と取り組むというのは、“目的地を決めずにドライブに出かける”ようなものなので、いつまで経っても達成感も味わえないし、上達も感じられません。

 

成長には“達成感”も必要なので、大きな目標だけではなく、小さな目標も立てるのが良いかと。

 

必ず目標を決めてから、取り組むことをオススメします。

 

  実行

目標を決めたら、次は実行。

 

その際に、歌やギターであれば、必ず「録音」をすることをオススメします。その後の、「検証→改善」のときに、とても役に立つので。

 

歌やギターを習ってる人も、レッスンの際に必ず録音をすることをオススメします。トレーナーや先生などから指摘を受けても、自分で自覚しないと、人はなかなか治らない性質があるので。

 

自分の演奏や声を聴くのって、はじめは少し抵抗もあったりします。でも、自分自身でまちがいや、ダメな部分に気付くことも、成長や上達にとって、とても大切な行程だったりするので是非。

 

  検証 → 改善

 

  • なんでこうなるのか?(現状認知)
  • どうすればこうなれるか?(検証)
  • こうしてみたらどうだろう?(仮説)

 

これらの意識を持つことがとにかく大事。そして、気付いたことを、即、実行。

 

これが出来る人と、出来ない人とでは、成長速度に“大きなひらき”が生まれるかと。

 

考えることで“○○○○”が生まれる

考えて取り組むことには、更に“特典”がついていて(笑)。

 

常に考えていると、ふとした瞬間に“ひらめき”が生まれる瞬間があります。

 

  • “あれ?こうすればいいんじゃない?”
  • “なんだ、そういうことか!”

 

などなど。

 

それがまた、成長や、上達を促してくれます。

 

  人間の脳はスゴイ

余談ですが、人間の脳というのは、スゴイもので、自分で意識をしてなくても、“無意識下”で、膨大な量の情報を整理してくれてるとのこと。その結果、ふとした瞬間の“ひらめき”に繋がったりするようです。

 

なので、情報をインプットしたり、思考したりすることはとても大切。

 

ちなみに、脳科学的には、“リラックスした瞬間”に、ひらめきが生まれやすいと言われていたりもします。(散歩の最中、お風呂に入ってるとき、寝ようと思って布団に入ったときなど)

 

脳科学に興味がある方は、こちらの書籍は面白いかと。仕事の向上も、心の安定も「脳内物質」の使い方次第で、結果が変わってくるかも。

特に、経営者、指導者、教育者など、人を育てたり、人と接する機会が多い人や、クリエイティブな仕事をする人は、読んでみることをオススメします。

 

僕にも経験が、あって。作詞をしている最中のこと。

 

どうしても埋まらない1フレーズがあり煮詰まったので、風呂へ。そしたら、シャワーを浴びた瞬間、“降りてくる”という・・・

 

“忘れてしまわない内に”と、ビショビショのまま、慌てて仕事部屋に戻ったことがあります(笑)。

 

脳の“ひらめきパワー”を使わない手はないです(笑)。

 

“考えながら取り組む”ということを、日々、積み重ねることで、成長のスピードアップや、新たな発想にも繋がる。是非オススメします。

 

広告

サボる=“人生を無駄にしてる”のと同じ

 

なぜ、積み重ねが大事なのか。

 

僕自身、毎日コツコツ続けてる理由の1つでもあるんですが、

 

サボると必ず衰えます。

 

しばらく使わず放置して置けば、包丁が錆びるのと同じように、どんな技術も、常に使ってなければ必ず錆びつきます。

 

脳科学の世界では、使い続けていると、その分野の脳の神経路はどんどん強化されていくそうですが、使わないでいると、“必要ない”と脳が認識し、その分野の神経路が弱まってしまうと言われてたりもします。

 

それでは、せっかく積み重ねてきた努力を無駄にしかねません。

 

時間をかけてもう一度研げば、元の状態には戻ります。でも、それは時間を無駄にすることなので、つまり“人生を無駄にしてる”のと同じことだと僕は思います。

 

  • 1日サボれば、まず、自分が気付く
  • 2日サボれば、周りが気付く
  • 3日サボれば、みんな気付く

 

ということを誰かが言ってました。(誰だったかは忘れたけど・・・(笑))

 

”落ちた筋肉を元に戻すには、3倍の時間がかかる”

 

という研究成果を、デンマークのコペンハーゲン大学が明らかにしたという記事もあります。

 

声帯も、指も、筋肉です。使わなければ、筋肉は衰えます。一方、コツコツ積み重ねていけば、必ずやった分の筋力や、使い方の知識がついていきます。だからこそ、日々の、積み重ねが最強なのだと言えます。

 

また、日々の、積み重ねは、経験値にもなります。脳にその情報がインプットされていき、自分が知らない間に、脳がデータを最適化してくれ、“ひらめき”にも繋がります。

 

成長や、上達にとって、日々、積み重ねること。本当に大事だし、最強。

 

広告

まとめ

『歌やギター、どれくらい練習してる?“積み重ね”が最強な理由とは?』というタイトルで、ここまで記事を書いてきました。

 

本記事をまとめると下記の通りです。

 

まとめ

  • 成長は緩やかな右肩上がりではない。コツコツ続けていると、ある日突然、実感できる時が来る
  • “ただ、頑張る”のではなく、「検証→改善」を繰り返し、“考えながら”取り組みを重ねる
  • ”思考”を積み重ねることで、ある時、“ひらめき”が生まれ、成果や上達を促す
  • サボると必ず衰える。筋力に関しては、元に戻すのに3倍の時間がかかる。積み重ねを止めると時間の無駄=人生の無駄になる

 

成長や上達には、日々の積み重ねが本当に大切。思考を繰り返し、積み重ねた「時間」と「量」は、必ず成果に繋がっていきます。

 

ただし、あまりストイックになりすぎると、嫌になってしまったり、逃げ出したくなったりしてしまうのも人。

 

“楽しめる量”で、コツコツ積み重ねるのも、継続のコツです。

 

本記事が、あなたのモチベーションに繋がってくれていれば何よりです。