音楽活動のヒント

音楽活動で結果を出すために効果的な、営業・宣伝方法10選

音楽活動のヒント
広告
質問者
質問者

フリーで音楽活動をしています。ファンを増やしたり、CDやライブチケットをたくさんの人に買ってもらえるようになりたいです。

でも、どんな風に宣伝したり、営業活動をしていけばいいかがよくわかりません。教えてもらえたら嬉しいです。

 

このような疑問をあなたはお持ちではないですか?

本記事では、下記の内容について解説します。

 

広告

記事の内容

  • 音楽活動で結果を出すために効果的な、営業・宣伝方法10選

 

本記事では、「ファンを増やしていく」ということに焦点をあて、営業・宣伝方法について解説していこうと思います。

 

ファンを増やすことで、フリーで活動していても収入に結びついていきますし、大きなチャンスにも結びついていくことにも繋がっていくので、あなたの疑問の解決にもなるかと思います。

 

広告

音楽活動で結果を出すために効果的な、営業・宣伝方法10選

「音楽活動で結果を出すために効果的な、営業・宣伝方法10選」は下記の通り。

 

  1. ホームページで宣伝
  2. ブログで宣伝
  3. SNSで宣伝
  4. 路上ライブや投げ銭ライブで宣伝
  5. 雑誌広告やWEB広告を使って宣伝
  6. テレビ、ラジオCMで宣伝
  7. プレスリリースを出して宣伝
  8. 人の集まる機会に顔を出して宣伝
  9. チラシ配布、ポスター掲示で宣伝
  10. 既存のファンの口コミ宣伝

順番に解説していきます。

 

①ホームページで宣伝

ホームページを用意することは大事です。SNSだけでは情報が流れていってしまいますし、ホームページがあることで、初めてあなたを知る人への信用度にも繋がっていきます。

 

ロリポップ! や エックスサーバー といったレンタルサーバー会社と契約する必要がありますが、デザインに関してはグーペ や Wix.comなどを利用すれば簡単に出来ます。

ホームページを作る際“興味を持ってくれた人が欲しい情報は何か?”をしっかり考えて作ることも大事。

 

  • トップページ
  • プロフィールページ
  • ライブ情報ページ
  • オンラインショップページ
  • メルマガ登録ページ

 

最低でも、上記5ページは用意をしておくことをオススメします。

 

ページ名 内容や役割
トップページ あなたに興味を持ってくれた人が一番最初に辿りつくページです。トップページを見ただけで、サイトの内容がわかるつくりにしておきましょう。最新の情報や、お知らせしたいオススメ情報などもトップページにあると、訪れた人の目に止まりやすいかと思います。
プロフィールページ あなたのホームページを初めて訪れる人が、一番興味を持ってるページだと思います。これまでの活動実績などと共に、あなたのパーソナルな部分を載せることで共感や親近感を持ってもらえることに繋がる部分と言えます。
ライブ情報ページ ライブ活動のスケジュールを事前に公開していくことで、あなたのファンの人たちが、あなたの歌を聴きに来やすくなります。細かな更新で情報を届けてあげて下さい。
オンラインショップページ あなたの作品やグッズを販売するためのページです。ショッピングカート機能を使うとお客様にとっても買いやすいですし、便利かと。音楽活動で稼ぐなら「BASE」「STORES」は便利。比較&特徴 の記事も参考にしてみてください。
メルマガ登録ページ 登録して下さった方に有益な情報を定期的に送らせて頂き、信頼関係を構築していくことが大事です。セールス情報ばかりではダメ。

 

上記で特に「メルマガ登録ページ」は重要です。登録をしてくれる方は、あなたにとって、最も大切なファンになってくれる可能性が大きいです。是非用意して信頼関係を構築してください。

 

②ブログで宣伝

ブログは、あなたの持ってる知識や、経験、情報、楽曲や活動への思いなどに、興味を持ってくれてる人たちが触れることが出来るコンテンツです。

 

あなたの考えや、思いに触れて、人はあなたのファンになっていきます。あなたの持ってる情報が誰かの役に立つことに繋がれば、その人はあなたへの感謝の思いと同時に、あなた自身への興味にもつながっていきます。

どんどん書いて発信していきましょう。

 

アメブロなどの無料ブログでも全然良いかと思います。ただ、有料にはなりますが、ホームページを兼ねて使うことも出来るので、WordPressでの運営も検討しても良いかもです。記事自体が資産化していくことにも繋がるので。

 

 

③SNSで宣伝

余計なお金を掛けることなく、宣伝効果が期待できるのはSNSであるのは間違いないです。コンテンツ次第で大きな可能性が拡がります。音楽の場合、動画コンテンツがオススメ。

 

5Gのスタートで、動画コンテンツの需要が益々高まっていくとも言われています。SNSを使って動画配信をどんどんやっていくのも良いかと思います。

 

 

YouTube、Twitterは音楽活動をする上で、まず必須かと。#(ハッシュタグ)を使うことで、不特定多数の興味を持ってる人に、情報を届けることも出来ます

 

見てくれる人を楽しませることが出来たり、喜ばすことが出来ることで、あなたのファンになってくれ、フォロワーが増えていきます。

 

④「路上ライブ」や「投げ銭ライブ」で宣伝

地道な活動ではありますが、路上ライブや投げ銭ライブも馬鹿にはできません。

 

“継続的なファン”になってくれる人は、聴いてくれた人の1割にも満たないかも知れません。しかし、下記の様なメリットもあります。

 

  • 不特定多数の人に音楽を届けられる
  • CDをお求め頂けたり、投げ銭を頂くことで活動資金ができる
  • コアに応援し続けてくれるファンが現れる  など

 

「路上ライブ」も「投げ銭ライブ」も、聴いてくれる人との距離感の近さが特徴です。是非、歌を届けるのと同時に、積極的にコミュニケーションを図ってみて下さい

 

 

⑤人の集まる機会に顔を出して宣伝

現実的に、すぐに効果が実感出来るのは、人と会うことだと思います。僕自身、一番結果に繋がってきたと実感出来るのはこれです。

 

だれかれ構わず付き合うのではなく、波長の合う人とだけ付き合えばよいかと思います。その方がお互い長く付き合うことも出来ますし、人間関係のいらぬストレスも避けられます。

そして、人と会う時には、まず“相手の為に何が出来るだろう?”という思いを持つことも大事。

 

自分の宣伝ではなく、相手の役に立つことを意識すること。矛盾してるようですが、それが出来れば、気づいた時には、あなたの周りにはたくさんの人が集まり、あなた自身の活動もうまくいくはずです。

 

⑥雑誌広告やWEB広告を使って宣伝

広告宣伝費が掛けられるのであれば、雑誌広告やWEB広告を出すのもありかと思います。

 

費用対効果についてはコンテンツであったり、広告のデザインなどにもよってはくると思いますが、実際数字には繋がっていきます。

 

僕も実験的にYouTube広告に1ヶ月1万円だけ出して検証してみたところ

  • 動画再生回数 3,500回
  • チャンネル登録者数 8名

という結果でした。

 

この辺の数字に関してはコンテンツそのものの出来栄えや内容で変化はあると思いますが、数字に繋がるということに関しては実証で確認できました。

 

⑦テレビ、ラジオCMで宣伝

潤沢な資金がある場合には、テレビやラジオでのCM戦略は、ブランディングの上でやはり大きいと言えます

 

ただし、広告は、どれだけ繰り返し流して刷り込めるかで効果が変わるので、資金が必要なのも正直なところ。限られた予算で広告を打つなら、テレビやラジオはオススメしません。

 

僕自身、民放キー局の地上波で30秒のテレビCMを放映したことがありました。

  • 1本の単価が深夜枠で30万円
  • 2週連続、計2回O.A
  • 合計 30秒×2本=60万円

 

正直、CMからの新たな反響は無かったです。同じ60万円を掛けるなら、今の時代ならWEB広告の方が費用対効果は高いといえるかと思います。

 

ただ、潤沢な資金がある場合には、やはりテレビやラジオなどの電波に乗るというのは信用度は得られますし、テレビCMは高い効果を得られると思います。ここはほんと資金力次第。

 

限られた予算ならWEB広告がオススメ

 

⑧プレスリリースを出して宣伝

報道機関にFAXや手紙でプレスリリースを送り、情報を提供することで取材をしてもらい、記事やニュースとして取り扱ってもらうという方法もあります。

 

待っていても取材は来るものではありません。こちらから“来てください”と言わない限り取材は来ないと思った方がいいです。

 

プレスリリースに関しては、「社会性」や「話題性」があるものが取り上げてもらいやすいです。

 

例えば

 

  • チャリティー活動
  • 日本初の○○
  • ○○万人を動員 など

 

大メディアになると、それだけ取材から掲載のハードルが上がってしまいますが、地域誌などであれば、地域性のあるネタを記事にしてくれたりするので、掲載に繋がり易いかと思います

 

記事やニュースになることで、不特定多数の人たちに知ってもらうことができ、新たなファンを獲得することにも繋がっていきます。

 

⑨チラシ配布、ポスター掲示で宣伝

「単純接触効果」という心理学の法則があります。接触機会が多くあるものを、人は好ましく思うようになるといった心理効果です。「ザイオンス効果」とも言ったりします。

 

 

直接会わなくても、ポスターを街中で見かけたり、チラシを受け取ったり、接触回数が増えることによって見た人、受け取った人は、“あなたを知っている”という状態になり、好ましく思うようになることに繋がります。

人は“知らないモノ”があまり好きではありません。

 

ポスターや、チラシ配布で接触回数を増やすことで、“あなたを知ってる”状態になるので、実際にどこかであなたを見かけた際に、親近感から好意に繋がりやすくなるので効果は見込めます。

 

⑩既存のファンの口コミで宣伝

あなたのファンの人たちの口コミ宣伝は、確実にファンが増える効果的な方法と言えます。

 

人は、人がオススメしているものを信用したり、評価したりすることがあります。レビューなどがそう。あなたも、星がいくつ付いてるかを参考にしたこともあるのではないでしょうか。

ファンの人たちが周りの人に伝えていってくれたり、紹介記事やあなたの記事のシェアをしてくれることで、その人の信用も重なり、あなたへの評価や興味へと繋がります。

 

ただ、あまり期待を大きくもたないことが大事。口コミをしてくれる人というのはあまり多くないのも事実。限界もあります。近くなり過ぎてもダメ。確実性はありますが、”シェアしてくれる人がいてくれたらありがたい”と思うくらいが丁度いいと思います。

 

素敵な紹介記事を書いてくれた方に、特典をプレゼントするなどで、確立を上げることは出来るのかなとは思います。

 

広告

まとめ

『音楽活動で結果を出すために効果的な、営業・宣伝方法10選』というタイトルでここまで書いてきました。

 

どんな方法でも、「魔法」の様なものはありません。大事なことは、人を喜ばすことが出来たり、楽しませることが出来るかどうか

 

”役に立つサービスやコンテンツを届けるための宣伝や営業活動“という意識が大事なのだと思います。そうすることで、自然と結果にも結びついていきます。

 

そして、あとは“とにかくめげずに継続すること”。ローマは1日にしてならず。

 

本記事が、あなたの音楽活動の参考になることが出来れば何よりです。