音楽活動のヒント 音楽配信

iPhoneだけで動画撮影&編集しファンを増やす方法【音楽活動】

音楽活動のヒント
質問者
質問者

ライブ動画やMVを作ってYouTubeで公開したいと考えてます。

撮影用のカメラや編集機材を持っていないのですが、動画の撮影や編集を出来る方法があれば教えて欲しいです。

 

こんな風な疑問をあなたはお持ちではないでしょうか?

本記事では、あなたの疑問を解決するべく、下記の内容について解説していきます。

 

広告

記事の内容

  • iPhoneで簡単に動画撮影&編集しファンを増やす方法
  • ハイクオリティな動画制作に向けて、機材購入する際のオススメ

 

結論から言ってしまうと、iPhone1台あれば充分動画は作れますしかも、簡単

 

今回は、動画編集にオススメなアプリや、あると便利なアプリなどについて解説します。また、動画を作成してファンを増やしていくことに繋がる方法も解説できればと思います。

 

カメラや編集機材は、資金が溜まった時、動画の必要性があったら、揃えていくのでも充分かと思います。

 

広告

iPhoneで簡単に動画撮影&編集しファンを増やす方法

動画の撮影はiPhoneのカメラ機能で充分です。iPhone6s以降は4Kも対応なので充分高画質。

 

録画した動画の編集や、便利なアプリ、動画を使ってファンを増やすための具体的な方法は下記の通り。

 

  • 「Perfect Video」で、スマホで簡単に動画編集が出来る
  • 「YT Studio」というアプリがあると便利
  • YouTubeの概要欄でファンを獲得する
  • SNSを最大限に活用。#(ハッシュタグ)を使うと効果的
  • QRコードで動画への導線を用意

 

順番に解説していきます。

 

「Perfect Video」で、スマホで簡単に動画編集が出来る

iPhoneで録画した動画の編集にはPerFect VideoというiPhone専用の無料アプリがオススメです。

 

動作が軽いし、文字フォントもたくさんあったり、文字装飾も簡単に出来たり、必要な機能が揃っていて、操作も簡単なので、初心者の人も使いながらすぐ覚えられるかと。

 

【主な編集機能】

  • クロマキー対応
  •  モザイクやぼかしなどのエフェクト処理対応
  •  ワイプ動画対応
  •  スローや倍速再生対応
  •  サウンドエフェクト対応
  •  iTunes対応

 

アプリで編集した動画は、YouTubeをはじめ、SNSに共有することもできるし、iPhoneに保存することも可能。

 

個人的には、文字エフェクトがもう少しバリエーションがあってくれると嬉しいんですが、必要最低限揃ってるので、まぁ全然OKかと。

 

PerFect Video」というiPhone専用の無料アプリはオススメです。

 

「YT Studio」というアプリも便利

編集した動画をYouTubeで管理する際には、「YT Studio 」というアプリもオススメです。(※動画のアップロードは出来ないので、それは通常のYouTubeアプリにて)

 

「YT Studio」をオススメする主な理由は下記の通り。

 

  • サムネイル画像の設定が可能
  • アナリティクスが確認できるので流入のデータが確認できる

 

iPhoneの通常アプリでは、サムネイルの設定は出来ません。検索流入や、滞在時間など、運営に必要なデータチェックが出来るのもYT Studioの便利なところ。

 

iPhoneを使ってYouTubeを活用する際には、インストールしておくと便利なアプリです。

 

YouTubeの概要欄でファンを獲得する

YouTubeで動画を見て興味を持ってくれた人は必ず概要欄を見ます。その際に概要欄が空欄だったり、次の行動を促すものがなければもったいないです。

 

例えば、下記のものを記載するなど。

 

  • ホームページやSNSのURL
  • 商品購入ページのURL
  • メルマガやLINE@登録のご案内  など

 

あとは、例えば使用機材や楽器、場所など、あなたの動画を見て知りたいと思ってくれる人もいると思います。そういった情報を載せておくのも、視聴者の役立ちや興味に繋がるのでオススメ。

 

あなたに触れる機会をどれだけ多く出来るかが、ファンを増やす上でも大事なこと。

 

 

興味を持ってくれた人と関わる機会を増やし、すぐ行動を起こせる仕組みを用意しておくのも大事。

 

SNSを最大限に活用。#(ハッシュタグ)を使うと効果的

動画は、SNSを最大限活用して公開し、ファンの獲得に繋げていきましょう。

 

一人でも多くの人に観てもらうことがまず何よりも大事。

 

SNSのユーザーは、例えば“Facebookは使ってるけど、Twitterは使ってない”など、各SNSサービスで利用しているユーザー層は違う場合もあります。

 

どれか1つだけではなく、積極的に様々なSNSを使っていくことをオススメします。コミュニケーションを取れると尚良し。

 

  #(ハッシュタグ)は「固有名詞」が良い

動画の投稿の際に、#(ハッシュタグ)を使うことで、検索流入の効果を高めることが出来ます。

 

ハッシュタグの使い方ですが、“無意味な言葉”のハッシュタグではなく、”固有名詞”が良いかと。

 

有名人がよく、記事中の言葉にハッシュタグを付けたりしますが、あれは影響力が既にある有名人だから良いだけで、普通にやっても何の効果も生みません。

 

#(ハッシュタグ)は、あくまでも「検索流入」からの、「潜在顧客層」を狙うものなので、固有名詞を使ったほうがベター。

 

先日TVで「SNSコンサルタント」の女性の方が言ってましたが、#(ハッシュタグ)は30個程度付けるくらいが良いとか。ひとまず取り入れてみる価値ありですね。

 

QRコードで動画への導線を用意

iPhoneからちょっと離れて余談ですが、チラシや名刺を配ったり、ポスターなどで宣伝をすることもあるかと思います。その際、動画にリンクしてるQRコードを印刷しておくこともおすすめです。

 

チラシや名刺、ポスターを見た人がまず思うのは、“どんな音楽なんだろう?”ということ。そんな時、QRですぐに動画に飛ぶことが出来て、音源や動画を見ることが出来れば便利です。

 

その場ですぐ確認できるようにしておくことで、相手との話しの種になったり、気に入ってもらえたら次のライブの話や、音源などの話しに進むこともあり、あなたに興味を持ってもらえることになります。

 

ミュージシャンにとって、一番の挨拶は“音楽を聴いてもらうこと”なので、動画を用意し、いつでも見られるようにしておくのは大事。

 

広告

ハイクオリティな動画制作に向けて、機材購入する際のオススメ

より、高いクオリティを目指そうと思った場合、機材購入という選択肢が出てくると思います。

下記はその際の参考になればという項目。

 

  • ジンバルで、手ブレせず、滑らかな動画撮影が可能
  • 一眼レフ動画はやっぱり最高。静止画も撮れるのでベスト
  • 集音マイクがあれば、音質もめちゃくちゃクリアに

 

順番に解説します。

 

ジンバルで、手ブレせず、滑らかな動画撮影が可能

iPhoneや、カメラなどを手持ちで撮影すると、どうしても手ブレが気になったりします。その悩みを解消してくれるのが「ジンバル」です。

 

僕が実際に使っていてオススメの機材が下記の「Vlog Pocket」です。

 

 

自撮り棒の様に、iPhoneを挟んで使うタイプのアイテム。まず、何よりコンパクト!持ち歩きに便利です。

 

iPhoneを使って歩きながら撮影する時はもちろん、写真撮影の際の自撮り棒としてや、付属で短い三脚もついているので、そのままテーブルなどに置いて撮影も出来るので、超便利です。

 


 

そして、予算にもう少し余裕があれば下記「OsmoPocket」が良いのではないかと思います。(僕はまだ持っていないので、個人的に欲しいなと思っている羨ましいアイテム(笑))

 

 

カメラが一体となっているので、iPhoneは必要ありません。

 

テレビのロケなどでも使用されていたり、画質的にも、機能性的にもレベルが高く、全く問題無さそう。手のひらサイズの大きさで、とにかくコンパクトでポケットに余裕で入る感じも良いです。

 

一眼レフ動画はやっぱり最高。静止画も撮れるのもベスト

一眼レフでの動画撮影は何と言っても画質が綺麗です。動画の画質のクオリティを上げたいと思ったら、絶対検討する余地があると思います。

 

僕が使っているカメラは下記の「Nikon D3200」。もう6~7年使ってるでしょうか。

 

 

D3200付属のレンズキットでは正直物足りないので、別売りで、「F値1.8」という明るく撮影できて、背景のボケ味もより出せるレンズを購入して使っています。

 

もう古いタイプのモデルなので、最新のモデルの方が良いのだろうなとは思います。更に、上位モデルならばもっともっと綺麗な画質を出せるかと。

 

素人ながらに思うのは、画質に関しては、やはりある程度”値段相応”になってくるのも事実かなと。とくにレンズの差は大きいです。

デジタル一眼レフは、静止画もめちゃくちゃ綺麗に撮れるので、一石二鳥かなとは思います。

 

ただ、慌てて用意する必要もないですし、予算が出来た時点で考えればOKだと思います。その時にはまた更に進化したモデルもあるかもしれません。これに関してはキリが無いですが(笑)。

 

「ガンマイク」があれば、音質もめちゃくちゃクリアに

デジタル一眼レフカメラや、ビデオカメラでの撮影を考えている場合、内臓マイクで音を拾うのでも良いですが、別売りの「ガンマイク」を用意したほうが音質は格段に良くなります。

 

僕が使用しているのは下記のガンマイク。

 

 

使用しないで撮影すると、ホワイトノイズも結構聞こえたりしますが、ガンマイクを使うことで軽減も出来ますし、声がクリアに拾えるので、カメラを使って撮影するならオススメです。

 

広告

まとめ

『iPhoneだけで動画撮影&編集しファンを増やす方法【音楽活動】』というタイトルで、ここまで書いてきました。

 

結論として、iPhone1台あれば、アプリで充分な動画撮影や編集は可能だと思います。機材に関しては、お金がある時に、より良い動画を作りたいと思ったら買えば良いかと思います。

 

大事な事は、どんどん撮影して、どんどん公開し、1人でも多くの人に観てもらうこと。そうすることでファン獲得にも繋がっていくので、まずは行動してみることをオススメします。

 

本記事が、あなたの参考になれていたら何よりです。