音楽活動で稼ぐ

音楽レーベルを作るのに必要なこと3つ。個人でも簡単に作れます

音楽活動で稼ぐ
相談ミュージシャン
相談ミュージシャン

自分で音楽レーベルを作りたいのですが、作り方を教えて欲しいです。

あと、それに関係して、これをやっておいた方がみたいなのがあれば教えてください。

 

そんなお悩みをあなたは持っていませんか?
本記事では下記内容について解説をしていきます。

 

記事の内容

・音楽レーベルを作るのに必要なこと3つ。個人でも簡単に作れます

・音楽レーベルを作った後はとにかくPR

 

僕自身、2010年に自分で音楽レーベルを作り、CDのリリースをするなどの活動をしてきました。

 

本記事は僕が実際にやってきた経験からの方法ですので、参考になるかと思います。

 

音楽レーベルを作るのに必要なこと3つ。個人でも簡単に作れます

音楽レーベルを作るのに必要なことは、ひとまず下記の3つです。

 

・音源を製作しておく

・ディストリビューターを見つける

・税務署に開業届けを提出する

 

順に解説していきます。

 

音源を製作しておく

商品が無ければレーベルを作る必要も無いので、まずは音源製作をします。また、後で、ディストリビューターと契約を交わす際にも音源審査などあったりしますので、必須です。

 

CD製作についてやり方がわかない場合は、CDアルバムの製作~販売までの流れや期間について具体的解説の記事が参考になるかと思います。

 

ディストリビューターを見つける

CDを全国のCDショップに卸をしてくれる「ディストリビューター」と呼ばれる業者との契約をする必要があります。

 

自作曲をCD化して全国流通で販売する方法【わかりやすく解説】の記事でも書いていますが、ダイキサウンド、ラッツパック・レコードあたりはインディーズレーベルを取り扱うディストリビューターとしては大手かも。

 

  大手は審査が厳しい

当然かも知れませんが、大手ディストリビューターは契約の審査が厳しかったりします。音源審査のみならず、事業計画も提出するよう言われることがあります。

 

僕が契約をしているViVid Soundは審査はそこまで厳しくなく、しかし全国に販売網を有している業者なので、良いのではないか?と思います。

 

ディストリビューターと契約をしてもCDが売れる訳ではなく、自分達でプロモーションする必要があります。その際、個人で活動のアーティストがCDランキングで1位を獲得した方法の記事も参考になるかと思います。

 

税務署に開業届けを提出する

個人が新たに事業としてレーベル運営を始めるには、管轄の税務署に開業届けを提出することになります。

 

僕自身は税理士さんにお願いをしましたので、この部分については詳しくはわからなかったので、調べてみました。

 

▼税務署で開業届けを作成する際に持って行くもの

・印鑑

・マイナンバーカード(無ければ住民票の写しでもOK)

・身分証明書

 

上記3点を持って税務署に行けば、開業届けは提出できるようです。郵送でもOKの様ですが、時間があれば直接税務署に行ってしまうのが間違いないかと。

 

  提出期限は開業から1ヶ月以内

詳しくは国税庁のホームページ又は「開業届け提出」で検索しても良いかも知れません。お近くの税務署でも職員さんが相談に乗ってくれるようです。

 

青色申告の承認も受けた方が、税金の特別控除などの優遇がありますので、そちらも併せて提出した方が良いです。

 

[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁

 

上記3つで、音楽レーベルを作ることができます。

 

音楽レーベルを作った後はとにかくPR

音楽レーベルを作っただけでは、存在が知られてるわけではないのでとにかくPR活動が必要です。

 

その為にこれはやっておいた方がいいという事柄が下記。

 

・自分のメディアを持つ

・プレスリリースを学ぶ

・セールスコピーを学ぶ

 

順に解説していきます。

 

自分のメディアを持つ

情報発信は常に必要なので、ホームページやSNSなど、あなた自身で発信出来る情報メディアを持つ事はとても重要です。

 

その際、情報更新の頻度もすごく大切。

 

情報更新が滞り気味なホームページやSNSだと、見る人の心はあっという間に離れていってしまうものです。

 

こまめな情報発信を心がけましょう。

 

プレスリリースを学ぶ

マスコミに向けて情報発信をし、記事の掲載やメディアへの出演をするのも、世の中に対し大きなPRに繋がります。

 

その為に、プレスリリースの書き方を学ぶことも必要かと思います。

 

僕自身、プレスリリースの仕方を知らなくて、情報発信が遅くなり、インディーズチャートで「首位」を記録した実績を無駄にしてしまったことがありました。

 

「プレスリリース 書き方」など検索するとたくさん情報は出てくるので、チェックしておくのもオススメします。

 

セールスコピーを学ぶ

どんなに良い作品や商品が作れても、人が関心を示してくれなければ買ってもらうことは出来ません。

 

その為には商品のサービスや特徴の魅力をちゃんと届けられなければいけません。その為のスキルがセールスコピーです

 

セールスコピーには消費者心理、行動心理が大きく関わってきたりします。

 

消費者心理、行動心理については、下記2つの書籍をオススメします。この2冊はとりあえず読んでおくだけで、価値観は大きく変わると思います

 

現代広告の心理技術101

 

 

  セールスコピーは万能

セールスコピーは、お客様へ商品やサービスの特徴をしっかりと伝えられるばかりではなく、プレスリリースにも生かせる部分もあります。

 

セールスコピーは間違いなく、学んで損はないスキルです。

 

というか、ここを極める事ができたら何をやっても成功できると思います。そのくらいのスキル。

 

まとめ

『音楽レーベルを作るのに必要なこと3つ。個人でも簡単に作れます』というタイトルでここまで書いてきましたが、本記事をまとめると下記の通り。

 

・商品が無ければレーベルを作る必要も無いので、まず最初に音源を製作する

・全国のCDショップに流通出来るように、ディストリビューターと契約をする

・管轄の税務署に、開業届けを提出する。

・自分のメディアを持ち、こまめに情報発信をしていく

・プレスリリースを学び、マスコミに向け情報発信をしていく

・商品やサービスの特徴や魅力をちゃんと伝えられるよう、セールスコピーを学ぶ

 

上記の感じです。

 

音楽レーベルを作るのがゴールではなく、あくまでもスタート地点。

 

素晴らしい音楽をたくさん作ったり、発掘したりして、世の中に素敵な音楽を届けていって下さい。

 

本記事が、あなたの音楽活動の参考になれていれば何よりです。