音楽活動で稼ぐ

楽器未経験の“初心者”でもわかる音楽活動の始め方とプロへの道

音楽活動で稼ぐ

音楽活動に興味があって始めてみたいんですが、何から始めればいいでしょうか?全くの初心者でわからないので、教えて欲しいです。ちなみに楽器も弾けません。

 

でも、将来はプロとして音楽活動で食べて行きたい夢はあります。

 

 

 

という疑問を、あなたはお持ちではないですか?
そんなあなたの疑問に対して、本記事では下記の内容について解説をします。

 

記事の内容

・楽器未経験の“初心者”でもわかる音楽活動の始め方

・プロとしてご飯を食べて行きたいならやるべきこと

 

僕は今日まで10年間に渡って、フリーランスの音楽活動で食べて来ましたが、高校卒業するまで楽器をまともに触った事のない初心者でした。僕の詳しいプロフィールはこちらにて。

 

誰だって最初は“初心者”です。自分の経験から、この記事をまとめてみました。

 

楽器未経験の“初心者”でもわかる音楽活動の始め方

あなたが”初心者”の方ということであれば、まずは何より楽しみながら、技術を磨いたり、作品づくりをしていく方が良いかと思います。

 

下記について解説をしていきます。

 

・ギターを弾ける様にするのはオススメ

・オリジナル曲を作ること

・人前でどんどん演奏を披露していくこと

 

ギターを弾ける様にするのはオススメ

ピアノより簡単で、大人でも気軽に始められます。どこでも手軽に弾き語りもできるのでオススメです。最初は中古ギターでも良いと思います。

 

音源を持ち歩けば歌えるかもしれないですが、生ギター1本あれば、音響機材が無くても問題ないですし、あなた自身の音感を磨く上でも、弾ける様にした方がベスト。

 

  簡単なコードを覚えるだけで充分

弾き語りだけであれば、最初から難しいプレイやコードを覚える必要はありません。主要コードを幾つか押えられる様にするのと、ギターストロークさえ出来れば最初はOK。

 

オリジナル曲をつくること

カバー曲(いわゆるコピー)ばかりでは、アマチュア活動の域を抜け出られないですし、楽曲制作能力は、プロを目指す上でもあった方が良い能力なので磨く価値ありです。

 

楽器が弾けなくても、ボイスレコーダーなどで鼻歌で作ることも出来ますし、プロでもそうやって曲を作ってる人はいます。

 

▼下記記事も参考になるかと思います。

誰でも簡単に出来る作曲の仕方を紹介します【楽譜が読めなくても大丈夫】
音楽活動を始めたばかりで知識ゼロ。楽器も弾けないし、楽譜も読めない。でもオリジナルを作りたいので作曲の仕方を知りたい。こんな風に思っているあなたの為に、「誰でも簡単に出来る作曲の仕方」、「作曲を始める前に決めておくこと」を本記事で紹介します

 

人前でどんどん演奏を披露していく

ステージ度胸をつける目的と、演奏技術のレベルアップに繋がるので、どんどん人前で披露していきましょう。オリジナル曲が出来たら尚更です。

 

ライブ活動はもちろん、最近であればYouTubeやTiktokなど、動画配信サイトでも発表することができます。人に演奏を披露するのは、確実に実力アップに繋がるのでオススメです。

 

 自信はやりながらつけていく

最初はみんな自信なんて持てないものです。間違えたって全然OK。繰り返しやっていく中で、必ず自信と技術は高まっていくので。まずは人前に立つことが大事。

 

上記を繰り返していけば、まずは充分に音楽活動を進めていけるのではと思います。

 

プロとしてご飯を食べて行きたいならやるべきこと

”プロとしてご飯を食べて行きたいならやること”は下記の通り。

 

・オーディション・デモテープを届ける

・集客力を磨く

・自己プロデュース意識を持つ

 

順番に解説していきます。

 

オーディション・デモテープを届ける

プロダクションやレコード会社のバックアップがあるのは、宣伝の資金力や全国的な販売網を考えると、やはり圧倒的に大きいです

 

オーディションの合否は、運やタイミングという部分も大きかったりするので、めげずに何度でもアタックしてみて良いと思います。相手に“また来てるよ”と覚えられて初めて位の勢いも時には必要。

 

僕自身は10年間、フリーで活動してご飯を食べてきましたが、そんなことは後々でも出来るので、まずあなたはメジャーでの成功に挑戦するべきかと思います。

 

集客力を磨く

あなた自身が集客力を磨くこと。集客力はプロを目指す上で、大変な武器となります

 

例えばあなたが、毎回ライブ集客1,000人を集める事が出来るのであれば、まちがいなくメジャーへの道が大きく開けるかと思います。メジャーにならなくても、充分音楽でご飯を食べていけます。

 

「良い音楽を作るアーティスト」よりも「売れるアーティスト」。これがメジャーが求めている定義です。

 

その上でも、人が集まる魅力、人を惹き付ける魅力も、身に付けていくことは大事です。

 

▼下記記事も参考になるかも知れません。

【音楽活動】1年で13⇒700名にライブ集客を上げた方法とは
ライブや宣伝活動をいくら頑張っても全然集客数が増えない。かけられるお金も限られてるし、効果的に人を集める方法を知りたい。そんな風に思ってる方への解決策を、著者自身の経験を織り交ぜて記事にまとめてみました。集客に悩んでる方の参考になるかと思います。

 

自己プロデュース意識を持つ

“プロになる”には、自分に何が求めらているのか、何をすべきなのかを常に考え、動かなくてはいけません。

 

これは、あなたがメジャーになってもそうですし、僕の様にフリーで活動していく道を選んだ場合には、もっと必要な能力となります。

 

自己プロデュース意識を持てるようになれば、音楽以外でもその能力は生かせる場所や職業が見つかったりもします。

 

普段からアンテナを張って過ごす事で磨かれ能力なので、意識をしてみてください。

 

まとめ

『楽器未経験の“初心者”でもわかる音楽活動の始め方とプロへの道』というタイトルで記事を書いてきました。

 

本記事のまとめは下記の通りです。

 

・ギターを始めるのはオススメ。簡単なコードで構わないので。音感もUPできる。

・オリジナル曲をつくる。鼻歌作曲でも全然OK。

・人前でどんどん演奏していく。やりながら自信と実力が磨かれていく。

・めげずに何度でもオーディションを受けたり、デモテープを送り続ける。諦めない。

・集客力を磨く。「売れるアーティスト」をメジャーは求めている。

・自己プロデュース意識を持つ。

 

上記な感じとなります。

 

まずは、”音楽を好きな気持ち”を持ち続けて、前向きな気持ちで活動を始めてみてください。コツコツ取り組んだことが、必ずいつか実を結ぶ時が来ます。

 

焦らず、腐らず、諦めず。

 

あなたのこれからの音楽活動に明るい未来が来る事を祈ってます。