エッセイ

たった9秒。これがあればデジカメからiPhoneへ動画取り込みも楽勝

エッセイ
広告
お悩み人
お悩み人

iPhone&デジタルカメラユーザーです。Wi-Fi機能の付いてないデジカメを現在使用していて、下記の悩みがあります。

 

  • デジカメで撮影した写真や動画をiPhoneに素早く取り込みたい。
  • とにかくスピード重視。

 

こんな条件を叶えてくれる方法があれば教えて欲しいです。

 

もしかしたら、こんな悩みをあなたはお持ちではないですか?

 

そんなあなたの悩みをバッチリ解決してくれる、おすすめなアイテムがあります。

それは、「Lightning SDカードカメラリーダー」

 

 

これは本当に簡単、便利で、とにかく取り込みスピードが圧倒的に速く、ストレスフリーです。
写真1枚2~3秒、1分30秒程の動画でも、わずか9秒ほどでiPhoneに簡単に取り込めます

 

あなたが「デジカメ&IPhoneユーザー」だったら、絶対にオススメのアイテムです。

 

本記事の内容は下記の通りです。

 

広告

記事の内容

  • 「FlashAir」も良いけど、意外とデメリットも多い
  • 「Lightning SDカードカメラリーダー」がオススメな理由
  • 「Lightning SDカードカメラリーダー」で、デメリットを挙げるとしたら

 

僕自身、「デジカメ(一眼)&iPhone」ユーザーでして、デジカメで撮影した写真や動画を、iPhoneに読み込み、アプリで編集して、SNSなどでアップしていたりします。

 

本記事は、僕がiPhoneへの読み込みの際に使用し、“本当にオススメ出来る”と思った「Lightning SDカードカメラリーダー」について書いてみました。

 

以前まで「FlashAir」で、写真や動画をiPhoneに取り込んでいましたが、現在は「Lightning SDカードカメラリーダー」を使用しています。

以前と比べ、驚くほど大幅な時間短縮に繋がっています。

 

もし、あなたがデータの読み込み速度にストレスを感じているのであれば、本記事は間違いなく参考になると思います。

 

広告

「FlashAir」も良いけど、意外とデメリットも多い

デジカメで撮影したデータを、スマホへ読み込むのに便利な方法として、「FlashAir」を使用するという方法も考えられます。

 

「FlashAir」については下記の通り。

 

  • 「FlashAir」って何?
  • 「FlashAir」のメリット
  • 「FlashAir」のデメリット

 

順番に解説します。

 

「FlashAir」って何?

僕が使用しているデジタルカメラにはWi-Fi機能がついていません。ですので、最初の頃は有線ケーブルを使用して、PCに撮影したデータを送るしか出来ませんでした。

 

しかし、それではSNSをやるのに、手間が掛かっていたので、何か良い方法は無いものかと探し、最初にたどり着いたのが「FlashAir」でした。

 

「FlashAir」は“無線LAN”搭載のメモリーカードです。

 

専用のアプリをスマホにインストールすると、Wi-Fi接続して、アプリ内で「FlashAir」内の撮影データを確認出来、そのまま選択した動画をスマホにダウンロードすることも出来ます。

 

「FlashAir」のメリット

「FlashAir」のメリットは主に下記の通り。

 

  • PC経由しなくても、無線LANを使用してスマホに撮影データを取り込むことが出来る。
  • デジカメで撮影しながらでも、専用アプリでそのまますぐにデータを確認し、スマホに取り込む事ができる
  • 専用アプリをインストールするだけで利用できる。

 

「デジタル一眼レフ」ユーザーの僕には、撮影したデータをすぐにiPhoneに取り込めるというのは大きなメリットでした。写真であれば1枚10秒程度で取り込めます。

 

「FlashAir」のデメリット

ただ、若干デメリットに感じる部分もいくつかあり、それが下記。

 

  •  データを読み込むまで、アプリ画面を開き続けていなければならない(その間、スマホで他の作業が出来ない)
  •  Wi-Fiを使用して無線LAN接続をしているので、アプリを接続している間はネット接続ができない
  •  Wi-FI接続が不安定で繋がりずらい時がある
  •  1データずつしか読み込み出来ない&複数データ同時にスマホへ取り込みが出来ない
  • 動画データの取り込みに、とにかく時間がかかる

 

このあたりのデメリットがあります。

 

動画は特に時間が掛かって、1分30秒程度の動画の読み込みに5分程度の時間が懸かります。

 

デジタル一眼レフカメラでの動画撮影を、最近しているのですが、僕にとって、この動画の取り込み速度の遅さは、時間の無駄と、大きなストレスでした。

 

例えば、1分30秒程度の動画を10本、スマホに取り込みたい場合、1動画ずつしかアプリに読み込みできないので、読み込みにかかる時間だけで、単純に50分以上になります。

また、その間はスマホは使えないですし、手動で次の動画の読み込みを開始しないといけないので、他の作業にも集中できません。

 

何か改善策はないものかと調べていたところ、「SDカードカメラリーダー」に辿りつきました。

 

広告

「Lightning SDカードカメラリーダー」がオススメな理由

「Lightning SDカードカメラリーダー」を、オススメ出来る主な理由は下記の通り。

 

  • 取り込み速度がとにかく圧倒的に速い
  • “繋げるだけ”で使えるので、めちゃくちゃ簡単
  • 他の作業をしながら、データの読み込みを待っていられる

 

順番に解説します。

 

取り込み速度がとにかく圧倒的に速い

「FlashAir」との比較になりますが、「Lightning SDカードカメラリーダー」の取り込み速度は桁外れに速いです。

 

【データの取り込み速度の目安】

  • 1枚の写真の取り込みは1~2秒
  • 同時に複数のデータの取り込みが可能(写真10枚の取り込みは7秒。50枚でも27秒)
  • 1分30秒程度の動画なら10秒で取り込める(1分30秒程度の動画を3本同時に取り込んでも40秒程度)

 

これだけで、だいぶストレスの緩和に繋がります。

 

“繋げるだけ”で使えるので、めちゃくちゃ簡単

使用するのに、何かめんどくさい設定をする必要はなく、めちゃくちゃ簡単に使えます。

 

 

① SDカードを、カードリーダーに差し込みます。

② iPhone側の充電差込口にLightningケーブルを差し込みます。

 

以上。(笑)

 

 

画像でみるとこんな感じ↓

 

Processed with MOLDIV

 

こうして接続した後、iPhoneの写真アプリケーションを開くと、下記画像のように「読み込む」というボタンが表示されます。

 

Processed with MOLDIV

 

あとは、表示された画像や動画から、iPhoneに取り込みたいものを選んで読み込み、保存をするだけ。設定することは何もありません。

 

他の作業をしながら、データの読み込みを待っていられる

全ての画像が表示されるまで、iPhoneへの「取り込み」作業をすることはできませんが、SDカードの使用量にもよりますが、14GB程度使用していても2~3分程度。とにかく速いです。

 

そして、接続するだけで「読み込み」作業を勝手にしてくれるので、そのまま放置して他の作業をしてながら待ち、読み込みが終わった頃、iPhoneへの取り込み作業が出来ます。

 

 

「FlashAir」と比較してのメリット

  • 有線で接続してるので、Wi-Fiは使用可能。(読み込みを待ってる間にネットを使える)
  • 繋いでおくだけで勝手に「読み込み」をしてくれてるので、写真アプリケーションを開いてる必要がない。(待ってる間に他の作業が出来る。)

 

お持ちのiPhone端末と繋いでおくだけで、いつでも簡単に写真や動画をiPhoneへ取り込むことが出来ます。

 

広告

「Lightning SDカードカメラリーダー」で、デメリットを挙げるとしたら

現在のところ、個人的にデメリットを感じてはいないのですが、あえて挙げるとしたら

 

  • 「Lightning SDカードカメラリーダー」はアップルの純正品なので、他社スマホでは使用が出来ません。

 

ということかなと。

 

それだけに、もし、あなたが「デジカメ」&「iPhone」ユーザーでしたら、持っていて絶対損はないと言える部分でもあると思います。僕自身、もっと早く知りたかったというのが本音です。

 

 

 

 

広告

まとめ

『たった9秒。これがあればデジカメからiPhoneへ動画取り込みも楽勝』というタイトルでここまで記事を書いてきました。
本記事をまとめると下記の通り。

まとめWi-Fi機能のついてないデジカメユーザーで、iPhoneで写真や動画の編集・加工をしてる人は、「時短」&「ストレス緩和」に繋がる、絶対オススメ出来るアイテム。

といった感じです。
本記事が、あなたのデジカメライフや、SNSライフの参考になってくれたら嬉しいです。