活動報告

こんなご時世ですが、CDデビューから10周年を迎えさせて頂きました

活動報告

昨日、2020年5月19日をもちまして、CDデビューから丸10年を迎えさせて頂きました。

 

10年を振り返ってみての正直な感想は“10年前が、遥か昔の様な気がする”。そんな感じ。とにかくまぁ濃い10年でした。

 

良い時ばかりではなく、辛いこと、悲しいこと、大変なこともたくさんあったけど、振り返ってみると、結果、幸せな10年だったなと思います。

 

”やりたいと思ったことは、ほぼ実現してこれました”

 

よくもまぁ、何にも無い中スタートして、ここまでよくやってきたもんだと、少しだけ自分を労ってあげたいなと思います。

 

この場を借りて、支えてくれた人たちに心より感謝を申し上げたいと思います。

 

そして、何より、10年経っての一番の大きな違いは

 

10年前はまだ、ピチピチの20代でした(笑)。

 

広告

10年やって来て思うこと

“歌手になりたい”と、最初に夢を見たのは18歳の頃でした。その時に、芸能事務所のオーディションに合格したのがスタート。

 

あさって5/22で39歳になるので、夢を見てから20年以上が経ちます。ていうか、その時間の流れはめちゃくちゃ早く感じます(笑)。10年前、ピチピチの20代も、今や“アラフォー”です(笑)。

 

道が無ければ、切り拓くしかない

僕は人より秀でた才能も無かったので、大人が敷くビジネスレールに乗ることは出来なかったのですが、それでも、“夢を諦めたくない”と思って、29歳の時に自分でレーベルを立ち上げてスタートしたことが今に至る原点。

 

“お金も、コネも、才能も、ノウハウも無い中”、たった1人で始めたので、何もかも手探り。お手伝いをしてくれる友人達や、力を貸してくれた友人たちがいてくれたのがほんと幸いだったと思います。

 

  • デビューシングルが、インディーズCDチャート「首位」
  • 2ndシングルが、インディーズCDチャート2週連続「2位」
  • 「たましんRISURUホール」大ホール ワンマンライブ
  • 「中野サンプラザホール」ワンマンライブ
  • 「赤坂BLITZ」ワンマンライブ
  • テレビアニメのエンディング担当
  • DAM、JOYSOUND、カラオケ配信
  • テレビ東京CM放映
  • 「浜松、名古屋、大阪、神戸、広島、仙台への路上ライブツアー」
  • シングル6枚、アルバム4枚リリース

 

など、こうして振り返ってみても、ほんとまだまだ書ききれないくらい、色々やってきたなと改めて思います。全部ほんと大切な思い出。

 

昨日、色々写真を見直しながら“こんなこともあったな、あんなこともあったな”と思い出してました。全部しっかり覚えてますね~。そして、写真はやっぱり大事。

 

自分の価値観を変えたきっかけ

色々やってきた中でも、2016年の「たましんRISURU大ホール」でのワンマン開催は、今の僕の人生にすごく大きな影響があったかなと思います。

 

ホールに会場使用料20万円を支払う時、手が震えました(笑)。その後に続く、2017年の「中野サンプラザ」、2019年の「赤坂BLITZ」の使用料に比べると比較にならない金額なんですが(笑)。

 

最大1,200名収容のホール。それまでの僕のMAX集客は、どれだけやったつもりでも「90名」程度。とにかく1年懸けて“死ぬ気で動きました(笑)“。

 

結果「700名」ほどの人にチケットを買ってもらい、会場に来てもらえることに。

 

“動けば動いた分だけ、結果はついてくる”

 

ということを、身をもって経験することが出来たのは、僕にとって大きな財産となりました。

 

すべては「行動」するかどうか

もちろん、動いたからと言って、何もかもが上手くいくわけではなくて、上手くいかないことの方が多いかもですが、でも、動かないより動いた方が結果は当然伴うんですよね。

 

振り返ってみても、全部のことが”動いた結果”でしかないとも改めて思います。

 

10年やって来て思うことは、とにかく「行動」。動かなければ何も変わらない。

 

逆に言うと、動けば何かしらの「経験」は手に入るんですね。成功でも、例え失敗であっても、それは“大きな財産”だと思えるようになりました。

 

広告

今後の抱負

振り返ってみると、僕の人生は10年が1つの区切りになってる気がします。

 

  • 8歳~18歳までの10年間。「野球少年時代」
  • 18歳~28歳までの10年間。「芸能事務所時代」
  • 29歳~39歳の現在までの10年間。

 

今日までの10年間を、後々、何時代と名付けるんでしょう?(笑)

 

目標を追いかけてる時が一番幸せ

この10年走り続けてきて、今思うことは

 

”目標を達成することよりも、目標を持って追いかけてる時が一番楽しいし、幸せな時間”

 

だということ。

 

宝くじが当たったり、コンテストでグランプリを受賞したり、何か外的要因でもない限り、目標は自分が動いた延長線上でしか叶うことはないんですね。それだって、厳密には行動した結果ですが。

 

目標達成したからといって、その後、急に何かが劇的に変化をすることは、まずなかなか無いわけです。達成した瞬間の感動はあっても、時間が経って過ぎてしまえば“こんなもんか”程度。

 

でも、その目標に辿りつく道のりの中で、多くの楽しいことや、多くの学びがある。それはいつまでも忘れない。それがほんとわかったので、この先も何か目標を持って生きて生きたいなとは思ってます。

 

というか、実はもう色々目標をもって取り組んでることはあるんですけど(笑)。まぁ、それも突拍子もないことなんで、険しき道ですが、だからこそ楽しいのも事実(笑)。

 

大きな夢と無謀な挑戦に挑み続ける

“絶対無理だよ”なんて言われてしまうと“絶対無理なんて、やる前からわからねぇだろ”と乗っかってしまう、僕の悪い癖(笑)。

 

最近では、“無理”だったり“無謀”と思われることに挑み続けるのが、僕の人生の意味の様な気も勝手にしてます(笑)。

 

例えば、

 

  • アラフォー男子が本気で追いかける「武道館ライブ」への夢!

 

なんていうのも、悪くないと思いませんか?(笑)無謀に思えるでしょ?(笑)

 

この10年は、生き急ぐかのように、とにかく集客、集客に追われてしまってたけど、そうではなく、人生終わる前に位のペースで、ゆっくりじっくり布教活動で仲間増やして(笑)

 

それこそ10年懸けて取り組むのも面白いかも。「武道館への道時代」みたいな(笑)。

 

まぁ、何はともかく・・・

 

とにかく人から“アホ”だと思われることをやっていきたいなと思います。40年近く生きてきて、今更“まっとうな道”を歩むのも僕には出来そうに無いので・・・(笑)。

 

目的地を決めないと、行動することもできないですしね。

 

そして、その目標が、簡単に出来そうにないことであればあるほどやる意味がある。

 

目標に挑む姿をお見せしていくことでも、もしかしたら人様のお役に立てることもあるのかと。

 

経験を伝えていきたい

僕自身、誰かに何かを教わってこの10年やってきたわけではなく、目標を持ちながら、行き当たった壁を乗り越え、時にはぶち壊し(笑)、進んできました。

 

そうやって、どうにか目標を達成したり、10年間音楽ビジネスで食べてきました。音楽ビジネスと言うより”目標達成ビジネス”に近いのかもですね。

 

なんにしても、最短距離ではなく、遠回りや回り道が多かったとは思います。

 

そんな僕の経験が、同じ様な境遇で道なき道を進んでる人だったり、これから進もうと思ってる人だったり、道を見失いかけてしまってる人の役に立つことが出来ればと思い、ブログも書いていたりします。

 

今後の抱負は、

 

自分で道を切り拓き続けることはもちろん、自分の経験を伝えていくことにも、どんどん取り組んでいく

 

経験や学びはどんどんアウトプット。そんな風にしていきたいと思っています。

 

広告

最後に

最後になりますが、10年間、様々な形でサポートをしてくれたり、応援をしてくださった皆様に、もう一度、心より厚く御礼を申し上げます。

 

こういったご時世ですので、今、本当に厳しい環境に身を置かれてることもあるかも知れません。
長い人生。どんなに辛く厳しくても、後から振り返ったら笑い話として振り返れる日も必ず来るかと思います。必ずなんとかなります。それはこの10年だけでなく、人生で学びました。

 

どうぞ、お身体と、心にだけは、くれぐれもご自愛ください。

 

本記事が、あなたにとって、何かプラスな気持ちになることが出来ていたら幸せです。ではでは。